logo logo logo logo

最新情報

2017工大祭に出展します

科学のおもちゃ・ペットボトル顕微鏡を作ろう!

~ミクロの世界をのぞこう~ 分析技術班

日 時11月 18日(土) 12:00~16:00
11月 19日(日) 10:00~16:00
対 象どなたでも
会 場教育研究6号棟 2階 201号室

ペットボトル作り1 直径1~2mmのガラス玉とペットボトルで顕微鏡を作ります。ペットボトル顕微鏡はレーヴェンフック(オランダ人で世界ではじめて微生物を見た科学者)が使った単レンズ式の顕微鏡と同じ原理の顕微鏡です。作った後はタマネギの細胞や気孔を観察、スケッチして楽しみます。どなたでも参加できますので、是非、遊びに寄ってください。

「電気のふしぎ体験」

~振動モーターカーを作ろう~

日 時11月 18日(土) 11:00~15:00
対 象小学生~中学生
会 場未来型インタラクティブ教育棟1階
参加費無料(材料がなくなり次第終了)

技術部の地域貢献活動の一環として電子工作教室を開催いたします。モーターやカラーモールを使って簡単な電子工作を行います。ものづくりの楽しさを味わいましょう。

「簡単ものつくり工房 」

~作ってみよう!遊んでみよう!~  機械建設技術班

日 時11月 18日(土) 10:00~16:00
11月 19日(日) 11:00~15:00
対 象どなたでも
会 場教育研究1号棟・北側玄関スペース

ペットボトル作り1 【実施テーマ】
プラバンキーホルダ、紙トンボ、でんでん太鼓、ペットボトルカー、 ペットボトル風車、アーチ橋の作製と体験、ゲームプログラミング 、折り紙、他

第8回機械・工作技術セミナーを開催

第8回機械・工作技術セミナーは学内外から35名の受講者が集まり田渕技術長の挨拶で開講した。

【演習1】北九州マイスターの安東氏の実演を混えた指導の下、受講者が質疑応答しながら実際に作業にあたった。

【演習2】課題の製品をどう加工するのかグループで討論し、それを全体発表する形で進められた。それぞれが持っている技術や知識が共有されスキルアップを図った。交流会や宇宙環境技術ラボラトリーの見学も行った。

開催日:2017年9月7・8日
場 所:戸畑キャンパス 機械実習工場 製図講義棟
参加者:35人

JSS91写真1 JSS91写真2

技術部TOPICS

九州工業大学ウェブサイトのTOPICSに、平成29年8月31日(木)、愛知大学で開催された日本機械学会 機械力学・計測制御部門大会において、本学の工学研究院先端機能システム工学研究系 小森 望充教授が平成29年度・部門国際賞を受賞された記事が掲載されてます。

http://www.kyutech.ac.jp/whats-new/topics/entry-4837.html

この国際会議において、小森先生は実行委員長として貢献されたこと,および部門紙JSDDを通して同国際会議での発表内容を世界に発信されたことが表彰されました。

技術部は小森先生からの依頼で、2016年に開催された「15th International Symposium on Magnetic Bearings(ISMB国際会議)」のホームページを作成しました。

技術部としても微力ながら貢献できて幸いです。

小森先生おめでとうございます。

ISMB国際会議URL:http://www.ismb15.org/
(上記ページ「Committee」にてConference Executive Committeeの一員として技術部が列挙されています)

第97回ジュニア・サイエンス・スクールを開催しました

平成29年8月23日(水)、戸畑キャンパス サイエンス体験工房において、第97回ジュニア・サイエンス・スクール「手作りクリップモーターカーを走らせよう」を開催しました。

クリップ・エナメル線・磁石を使ってクリップモーターを作り、車体にタイヤとモーターを取り付けモーターカーを製作しました。製作後、2mのタイム計測を行い、上位3名を表彰しました。

参加者: 21名
見学者: 13名
講 師: 九州工業大学 戸畑・若松キャンパス技術部
【地域貢献チーム】6名
【協力スタッフ】9名

JSS97写真1 JSS97写真2

作業環境測定の研修を実施しました

安全衛生チームでは、安全衛生推進室からの要望を受け、従来のデザイン・サンプリング・分析業務に加えて報告書作成を行うことなり、4回に分けて研修を実施しました。今回の研修は、報告書作成に関する基礎的な知識、作成ツールの操作方法の習得から、実際に測定したデータを基に報告書作成までを行いました。今後は、定年退職による有資格者の減少が予定されているので、資格取得の奨励、定期的な研修を実施して、人材育成を行う予定です。また、技術部では、今後も職員のスキルアップを行い、大学の安全衛生管理に貢献していきます。

H27九州総研

平成28年度 戸畑・若松キャンパス技術部活動報告

平成28年度 戸畑・若松キャンパス技術部活動報告を発行しました。

平成28年度技術部活動報告

工大祭にブース出展しました

・「簡単ものつくり工房 」~作ってみよう!遊んでみよう!~ 機械建設技術班

機械建設技術班では、昨年度に引き続き工大祭期間中の11月19日(土)10時~16時と11月20日(日)11時~15時に、教育研究1号棟1階北側玄関ホールにおいて、第9回『簡単ものつくり工房』を開催した。

本年度は、4つの新しいテーマを含む9つのテーマを出展し、2日間の参加者数は延べ530名であった。また、アンケート結果は良好であり、多くの方々に『ものつくり』をはじめとする各テーマを楽しんでもらえたことが伺えた。

日時: 平成28年 11月 19日(土) 10:00~16:00、11月 20日(日) 11:00~15:00
対象: どなたでも
会場: 教育研究1号棟・北側玄関スペース

h28工大祭写真m1

・「電気のふしぎ体験 ~描いてつくる電子工作~」電気情報技術班有志

地域貢献活動の一環として、工大祭で電子工作教室を実施しました。

導電性インクマーカーやLEDを使って簡単な電子工作を企画して、32名の方々にご参加いただきました。アンケートでは「楽しかった」、「面白かった」という声をいただきました。アンケート結果は今後の参考にさせていただき、より良いイベントとなるよう役に立てたいと思います。

日時: 平成28年11月20日(日)11:00~15:00
会場: 総合研究1号棟S2-249室

h28工大祭写真e1

ジュニア・サイエンス・スクール「クリップモーターカーの工作」を開催しました

平成28年8月24日(水)、戸畑キャンパスにおいて、第91回ジュニア・サイエンス・スクール「クリップモーターカーの工作」を開催しました。

仕組みを学びながら、 クリップとエナメル線を使ってモーターを作り、電池駆動によるクリップモーターカーを制作しました。その後、走行会を行い速さを競いました。

参加者: 19名
見学者: 16名
講 師: 九州工業大学 戸畑・若松キャンパス技術部
【地域貢献チーム】5名
【協力スタッフ】11名

JSS91写真1 JSS91写真2

技術部公式ウェブサイトをリニューアルしました

技術部組織化およびサーバ機の更新伴い技術部公式ウェブサイトをリニューアルしました。九州工業大学戸畑・若松キャンパス技術部の活動や役割を、学外の方に広く紹介して行きたいと考えてます。

戸畑・若松キャンパスおよび飯塚キャンパス技術部を設置しました

平成27年度より、技術職員の意欲と技術スキルの向上及び効率的かつ機能的な組織運営を実現するため、技術職員の組織として、 全学的な組織化を視野に入れた戸畑・若松キャンパス技術部および飯塚キャンパス技術部を設置することとなりました。平成27年4月1日(水)に、松永学長から、技術長、副技術長、技術班長への辞令交付式が行われ、「教育職員、技術職員、事務職員が大学の3本柱であるが、その境界線上の仕事を話し合い協力して実施していくことが、新たに求められる大学の姿である。技術部のリーダーとなる皆様には、これまで以上に大学の方向性を把握して業務を推進することを期待している。」と挨拶がありました。

技術相談窓口